スポーツ遺伝子検査をやったけどもどのように活用すれば良いのか?

活かし方が分からないと思う方もいるのではないでしょうか?

今回はスポーツ遺伝子検査解析結果の活かし方について解説していきます。

活かし方

解析結果レポートには自分の筋繊維タイプが書いてあります。

まずはそれを元に強みと弱点を理解します。

スポーツ遺伝子テスト3

それが分かれば強みを伸ばし、弱点を補う事が可能となります。

トレーニングで強みを更に伸ばす事も良いですし、弱点を克服する為のメニューを組んだりもできます。

ACTN3遺伝子解析結果を生かす。

RR型と出た場合、瞬発力やパワーの要される競技をやる。またはそのようなポジションに付く。

例えば、野球の場合、打力の必要とされる4番バッターになる事で能力を発揮しやすくなるでしょう。

RX型と出た場合、瞬発力・パワーと持久力・スタミナが同じぐらい必要とされる競技をやる。

このタイプはどちらも向いていますが瞬発とスタミナを交互にあるいは同時に使うような動きのあるスポーツをやると能力を発揮しやすいです。陸上長距離をやっていたとしてもラストスパートのダッシュ時なんかはこのタイプに分があると思います。

XX型と出た場合、持久力・スタミナが必要とされる競技をやったり、筋トレの重量を軽負荷高回数に切り替える。

筋トレをする際に負荷のかかる重量を少ない回数やるのでは無くて軽いのを高回数やる事で筋トレ効果が格段にアップします。

ACE遺伝子の解析結果を生かす。

血管収縮タイプの筋肉のお持ちの方は瞬発的な運動を中心にすると伸びやすいですし、拡張型の筋肉をお持ちの方は持久的、スタミナが必要とされる運動をされると伸びやすいです。

スポーツ遺伝子テストACE

トレーニングも重い重量を瞬発的にこなせば良いのか?それとも軽い重量を継続的にこなせば良いのか?

タイプに応じての筋トレの仕方があるわけです。

PGC-1a遺伝子の解析結果を生かす。

疲労度に関係する遺伝子なのでトレーニングの頻度をどのぐらいにすれば良いのか?を考える際に役立ちます。

スポーツ遺伝子テストpgc1-a

例えば

ミトコンドリア生成量が少なく、疲れやすいタイプ(休息が多く必要なタイプ)の場合、オーバートレーニングを防ぐ事で心身の怪我から身を守る事も可能になりますし、逆のタイプであれば持久力を大幅に伸ばす事を目的としたトレーニングをメニューに取り入れる事も良いでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

遺伝子検査の解析結果の活かし方は各々のやっているスポーツやトレーニングによって人それぞれ違いますが

自分の向き不向きを確認する上で十分に役立てる事がお分かり頂けた事と思います。

  • トレーニングの成果が今ひとつ出ていない
  • 今やっているスポーツに向いている気がしない
  • 効率よく筋肉質になる筋トレ手法で筋トレをしたい

などと感じている方はスポーツ遺伝子検査を受け、解析結果を元に判断される事をお勧めします。

122.215.172.54