当サイトでも度々申している事ではありますが筋繊維タイプは3つあります。

それはRR型、RX型、XX型の3つです。

それぞれ筋肉内における速筋線維の割合と遅筋線維の割合が違うので効く筋トレ方法も異なります。

短期間で筋肉質な身体つきになりたい方は自身の一番多い筋繊維を重点的に鍛えましょう。

スポーツ遺伝子・筋トレ

自分がどのタイプなのかをまだ診断されていない方はスポーツ遺伝子検査にて判定して下さい。

 

RR型に効果の高い筋トレ方法

まずは速筋の多いRR型の人に効果的な筋力トレーニング方法を伝授します。

速筋タイプの方は速筋の割合が高いので高重量のダンベルなどを低回数でやるトレーニングに向いています。

重量はMAX重量の80%以上の重さでレップ数(回数)は10回以内にしましょう。

 

RX型に効果の高い筋トレ方法

RXタイプは速筋と遅筋の両方を同じぐらいの割合なので中重量のダンベルなどを中回数でやるトレーニングに向いています。重量はMAX重量の60〜80%程度の重さでレップ数は20回〜10回以内でやるようにしましょう。

 

XX型に効果の高い筋トレ方法

XX型は遅筋の割合が高いので遅筋に効かせるトレーニング方法を採用しましょう。

重量はMAX重量の60%以下の重さでレップ数は20回以上を目安にやるようにしましょう。

また、遅筋を発達させるためにジョギングなどの有酸素運動をするのも効果的でしょう。

 

このように、自分の筋繊維タイプを知っておけば効果のあるトレーニング方法も分かるのです。